心理学の必要性をご紹介!学べば面白い人生がやってくる?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

心理学は日常生活でどう必要なのでしょうか?心理学を学ぶとさまざまなメリットがあり、人生が好転しやすくなります。この記事ではその必要性を紹介した上で、実用すべき理由や学ぶ際の注意点について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

心理学の必要性とは?学ぶメリットをご紹介

心理学の必要性とは?学ぶメリットをご紹介

相談者のA子さん
相談者のA子さん
心理学を学ぶと、どういうメリットがありますか?

多くのメリットのうちいくつかを紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

心理学の必要性について紹介します。心理学を学ぶと以下のようなメリットがありますので、ぜひしっかり学んで活用しましょう。

  • コミュニケーションが上手になる
  • 自分の気持ちが安定しやすくなる
  • 夢や目標が叶いやすくなる
  • 心理系の仕事に就きやすくなる

 

コミュニケーションが上手になる

心理学を学ぶと、コミュニケーションが上達します。傾聴の重要性や相手とのペースの合わせ方が理解できるほか、親密度が上がりやすい言葉の使い方やしぐさなどをマスターできます。

結果的に人間関係が良好になりやすいです。相手の気持ちが理解できたり、配慮する際の具体的な方法も学べます。

【カテゴリー】人間関係に役立つ心理学

 

自分の気持ちが安定しやすくなる

心理学を学ぶと、人との関わりだけでなく、自分との関わりにも役立ちます。辛いことや嫌なことがあったとしても、上手に自分の気持ちと向き合えるようになります。

その結果、気持ちの起伏が落ち着き、常に安定した自分でいられるでしょう。感情の落ち込みは悪循環を生みますので、気持ちが安定していることは大きなメリットです。

 

夢や目標が叶いやすくなる

心理学を学ぶと、夢や目標が叶いやすくなります。夢や目標に対してどうアプローチすれば良いのかが分かるため、実現の確立が上がるのです。

そもそも夢や目標を持っていない人が多いのですが、その設定の仕方も理解できます。脳科学的アプローチとの合わせ技で、夢目標を現実化させましょう。

【関連記事】心理学と脳科学の違いとは?それぞれの活用法を教えて!面白い雑学集

 

心理系の仕事に就きやすくなる

心理学を学んでいると、心理系の仕事に就きやすくなります。カウンセラーやソーシャルワーカー、大学教授など、さまざまな現場で心理学の知識は役立ちます。

また、一般企業でも心理学の知識は活用できます。顧客との交渉や社内における人間関係など、あらゆるところで心理学の知識は役立ちます。

【関連記事】心理学は大学卒業後の仕事にどう役立つ?ビジネスでの活かし方

【関連記事】心理学系の仕事は平均年収どれくらい?お金のウラ話は面白いですよね

 

学んで終わりではダメ!実用性を重視しよう

学んで終わりではダメ!実用性を重視しよう

相談者のA子さん
相談者のA子さん
心理学を学んだら人生が好転しますか?

学ぶだけではなく、実践を意識しましょう。
田中コーチ
田中コーチ

心理学を学び、ノウハウを得たとしても、それで終わりでは意味がありません。実用性を重視する必要があります。ここでは心理学の実用性について触れたいと思います。

  • 知識と実践は違う
  • 心理学を学んでも辛いことはある
  • 実践すれば運が良くなる

 

知識と実践は違う

知識は実践してこそ役に立ちます。たとえば、スポーツが良い例です。いくら野球でバットの振り方を知識として学んでも、実際に打席に立てばすぐ打てるというものではありません。学んだ知識を元に繰り返し練習してはじめて打てるようになるのです。

心理学もそれと同じで、学んだ知識を元に練習する必要があります。その結果、日頃から自然に活用できるようになります。

 

心理学を学んでも辛いことはある

心理学を学んだからといって、必ずしも良いことばかりとは限りません。生きて行く限り外的要因で辛い気持ちになることもあるでしょう。

しかし、心理学を実践できていれば、辛い気持ちを緩和できたり、辛い時間を短くできたり、辛い時間を糧にしてチャンスをつかんだりしやすくなります。

 

実践すれば運が良くなる

心理学の知識を実践することで、運が良くなるでしょう。長い人生の中でツキは何度も訪れます。しかし、ツキに気付かなかったり、ツキをうまく掴めないことも多いです。

心理学を実践していると、繰り返しやってくるツキを掴みやすくなります。ツキを何度も掴んでいるうちに、ツキの集合体である運が良くなるのです。

 

心理学を学ぶ際の注意点

心理学を学ぶ際の注意点

相談者のA子さん
相談者のA子さん
心理学を学ぶ際に注意すべきことはありますか?

はい、いくつか注意点を紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

心理学を学ぶ際には、どのようなことに気を付けるべきでしょうか?学習の注意点として以下を紹介します。

  • 心理学では何を学ぶか
  • 情報の信頼性をチェック
  • 必ずアウトプットしよう

 

心理学では何を学ぶか

心理学を学ぶ際、何から学ぶかということが重要です。一般的に心理学と聞くと、生活に役立つテクニックを思い浮かべる人が多いようですが、実はテクニックは心理学のほんの1部に過ぎません。

歴史や研究の経緯、そして表層部分に心理テクニックがあるのです。学者を目指すなら全体像を学ぶべきですし、実践したいだけならテクニックのみで構いません。学ぶ目的によって学ぶ内容が異なります。

 

情報の信頼性をチェック

心理学を学ぶ際には、情報の信頼性をチェックしましょう。ネットなどの情報では、主観的な情報や根拠がない情報をよく見かけます。

また、前提が抜けていたり事実誤認していたりするケースもありますので、情報のウラを取る必要があります。手っ取り早い方法としては、心理学者が書いている書籍で学ぶと良いでしょう。

【参考】心理学を本で学ぶ

 

必ずアウトプットしよう

心理学を学んでも、インプットだけでは足りません。人間は覚えたことに対し、一定時間が経過すると忘れてしまう構造になっているからです。

少しでも覚えたことを定着させるにはアウトプットが必要です。特に心理学のテクニックを学びたい場合には、練習しなければ上達しませんので、常にアウトプットを意識しましょう。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、雑学として面白い心理学の豆知識をご覧ください。

 

まとめ

心理学を学ぶと、日常生活のさまざまなシーンで活用でき、人生が好転しやすくなります。特に、人間関係が良好になったり、自分の気持ちと上手に付き合えるようになるため、おすすめの学びの1つです。インプットだけではなく実践できるよう、アウトプットを意識して学びましょう。

スポンサーリンク

心理学の必要性を解説
フォローして定期的に心理学を学ぼう!