ラインで女性の気を引く恋愛心理学!片思い中の男性向けにアドバイス

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ラインで女性の気を引く方法があれば知っておきたいものでしょう。この記事では恋愛心理学のテクニックを使って、ラインで女性の好意を得る方法をお伝えします。誰でも使える恋愛心理学テクニックなので、ぜひあなたも活用してください。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

 

相手の好意を得るためのLINEの恋愛心理学

相手の好意を得るためのLINEの恋愛心理学

LINEで相手の好意を得るコツを紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

 

LINEの文章で好意を得る方法は比較的カンタンです。会話の場合はリアルタイムなやり取りですが、LINEの場合は熟慮して送信できるため、意図的な発言がしやすいです。数ある恋愛心理学的テクニックの中から、おすすめの方法として以下を紹介します。

  • 毎回相手の名前を入れる
  • ザイオンス効果を活用する
  • ツァイガルニク効果を使う
  • ミラーリングを意識する

 

毎回相手の名前を入れる

LINEを送る際には、相手の名前を入れましょう。名前は相手にとって最も頻繁に使われる単語であり、自分自身を最も具体的に表す単語です。

そのため、自分に向けて具体的に語りかけられているという印象となり、親近感を感じてもらいやすくなります。冒頭に「〇〇ちゃん」と入れてから用件を書きましょう。

あだ名で送る人もいると思いますが、あだ名より名前の方が心に刺さりやすいです。

 

ザイオンス効果を活用する

ザイオンス効果とは、接触回数が多いほど親密になりやすいという効果です。この効果を活用し、頻繁にやり取りすると良いでしょう。

もしそれほど頻繁なやり取りが難しいという場合は、自然にやり取り回数が増えるコツがあります。そのコツとは、1つの文章を長くするのではなく、短い文章を何往復もした方が良いということです。

用件を1度に全部伝えようとするより、不足した情報をお互いのやり取りの中で解消するように心掛けましょう。

 

《悪い例》

相手「友達と喧嘩したんだけど、どうやって仲直りすればいいと思う?」

あなた「喧嘩の理由にもよるけど、相手が悪いのなら気にしてないと伝えたり、水に流そうってことでいいんじゃないかな。〇〇さんが悪いのなら、ちゃんと冷静に謝った方がいいと思うよ」

 

《良い例》

相手「友達と喧嘩したんだけど、どうやって仲直りすればいいと思う?」

あなた「そうなんだ。喧嘩の原因はなんなの?」

相手「ちょっとデリカシーのないことを言っちゃって」

あなた「そっか。珍しいね。その人は怒ってるの?」

相手「うん。怒って帰っちゃった」

あなた「謝ったら許してくれそう?」

このように、1つのテーマを分解してやり取りすると、接触回数が増えます。頻繁にやり取りできない相手に活用してみましょう。

 

ツァイガルニク効果を使う

ツァイガルニク効果とは、達成できなかったことや中断されたことに対して、強い記憶や印象が残る効果です。ドラマが良いところで翌週に続くのは、まさにツァイガルニク効果だといえます。

これをLINEにも応用し、やり取りが山場のところで返信をストップしたり、「急用ができたから明日返事する」などがおすすめです。

また、相手が聞きたそうにしている事柄も「LINEだとやり取りしにくいから会った時に詳しく話すね」と気を持たせましょう。それにより、あなたの話やあなた自信に興味を持ちやすくなります。

 

ミラーリングを意識する

ミラーリングとは鏡のように相手の真似をする方法です。LINE文章の長さを合わせたり、絵文字やスタンプの量を合わせると良いでしょう。言葉に関しても相手の言葉づかいの真似をしましょう。

たとえば、「了解です」と言ってくる人には「承知しました」ではなく「了解です」を使いましょう。「ご飯」と送ってくる人には「食事」ではなく「ご飯」が適切です。

相手の表現方法や文章、返信のタイミング、単語を極力似せて送りましょう。これにより相手の無意識に「この人は仲間なんだ」と思わせやすくなり、親密度が上昇します。

ただし、真似していることが相手に分かってしまうと逆効果なので注意が必要です。

 

LINE駆け引きテクニック

LINE駆け引きテクニック

LINEの駆け引きテクニックの中で、いくつかおすすめを紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

LINEで使える駆け引きのテクニックを紹介します。誰でもカンタンに使えるため、ぜひ活用してください。

  • バンドワゴン効果で価値を高める
  • 二者択一でデートに誘う
  • カリギュラ効果を取り入れる

 

バンドワゴン効果で価値を高める

バンドワゴン効果とは、人が持っているから自分も欲しくなる心理です。たとえばデートのスケジュール調整の際に、ほかのスケジュールが予定で埋まりがちであることを演出すると、彼女にとってあなたの価値が高まりやすくなります。

「ごめん、その日とその日は友達との先約があって、この日なら空いてるよ」

という風に、人気者であることを演出しましょう。本当はあなたに人気がなかったとしても、そんなことは気にしなくて良いです。あくまでも演出と考えましょう。

 

二者択一でデートに誘う

二者択一でデートに誘うのも1つのテクニックです。

「今度遊びに行かない?」

と聞くと、遊びに行くかどうかに対してイエスかノーという選択肢になります。

しかし、

「今度、水族館か映画に行くとしたらどちらがいい?」

と聞くと、選択肢は水族館か映画で、デートすることは前提となっています。結果的にデートに行ってくれる確率が高くなるでしょう。

 

カリギュラ効果を取り入れる

カリギュラ効果とは、禁止することでより一層興味が生じる効果です。カリギュラ効果を上手に活用すれば、恋愛にも応用が可能です。

「今月は多忙なのでお出かけは控えたい(出かけることを禁止)」

「今日は取引先と打ち合わせだから、LINE見れないかも(暗にLINE送信を禁止)」

などと送信すると、相手の気を引きやすくなるでしょう。ただし、カリギュラ効果は相手があたなに一定の興味があることが前提なので、注意が必要です。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、片思いの恋愛心理学をご覧ください。

 

まとめ

ラインで女性の気を引く方法はさまざまですが、カンタンで使いやすい方法をピックアップして紹介しました。一度にたくさんのことをしようとせず、できそうなことから1つずつチャレンジしてください。

スポンサーリンク

LINEの恋愛心理学
フォローして定期的に心理学を学ぼう!