心理学を学んで対人関係円滑に!人間関係における12の法則

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

対人関係に悩んでいる場合、少しでも早く解決したいものですよね?心理学を学ぶことで対人関係を円滑にすることが可能です。この記事では人間関係における12の法則をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

出会いから対人関係構築までの心理学

出会いから対人関係構築までの心理学

相談者のA子さん
相談者のA子さん
人との出会いから上手に対人関係を作れないのですが、どうしたらいいですか?

出会いの際に心掛けたい心理学について紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

対人関係における12の法則のうち、まずは出会いから対人関係構築までの内容として、以下を紹介します。スムーズに対人関係を築けるよう、参考としてください。

  • 法則1.第一印象の心理学
  • 法則2.傾聴を心掛ける
  • 法則3.ペーシングを行う

 

法則1.第一印象の心理学

対人関係において第一印象はとても大切です。心理学では初頭効果というものがあり、第一印象は長続きする傾向があるからです。

第一印象をよくするためには、清潔な服装や自然な笑顔などで、爽やかさを意識しましょう。

 

法則2.傾聴を心掛ける

対人関係構築において重要なのが「傾聴」です。傾聴とは「聞く」のではなく「聴く」と書くように、心を傾けて共感的に聴くことを指します。

人間は自分を認めて欲しいという欲求を持っており、その欲求を話すことで満たします。そのため、傾聴してくれる人に対しては好印象を持ちやすいのです。話し上手よりも聴き上手を目指しましょう。

 

法則3.ペーシングを行う

ペーシングとは、相手と会話のスピードや声のトーン、声の大きさ、歩くスピードなどを合わせる方法です。自分と同じペースの人に対しては、無意識が仲間だと判断しやすく、親密度上昇につながります。

最高のペーシングは呼吸を合わせることだといわれており、肩やお腹の動きから見極める人もいらっしゃいますが、難易度が高いため、まずは話すスピードを合わせるところから行うと良いでしょう。

 

対人関係を育む心理学

対人関係を育む心理学

相談者のA子さん
相談者のA子さん
対人関係を育んでいる方法を教えてください。

分かりました。具体的に紹介しますね。
田中コーチ
田中コーチ

既に知り合っている人と、人間関係を育んでいくにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは対人関係の育み方として、以下内容を心理学的に紹介します。

  • 法則4.ザイアンスの法則を活用する
  • 法則5.具体的に褒める
  • 法則6.コミュニケーションのスキルアップ

 

法則4.ザイアンスの法則を活用する

接触回数が多いものを好きになるという法則を、単純接触効果(ザイアンスの法則)と呼びます。 1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスによって提唱された法則で、人間関係にも役立ちます。

会う回数やLINEでのやり取り、SNS上でのコミュニケーションなど、接点を増やすほど好感を持ってもらいやすくなります。

ただし、第一印象が悪ければ逆効果となるため注意が必要です。

 

法則5.具体的に褒める

人間は褒められると、脳の扁桃核というところがプラスの状態となり、あなたに対する印象が上がります。そのため、相手を自然に褒めれる人は好かれる傾向があります。

ただし、大げさな褒め方や、心にもないことを褒めると、あざとい人だと思われる可能性があります。心から褒めていることを伝えるには、具体的に褒めることが重要です。

「おしゃれですね」と褒めるのも良いのですが、「そのおカバンおしゃれですね」と褒めた方が真実味が増すでしょう。

 

法則6.コミュニケーションのスキルアップ

対人関係を良好にするために、コミュニケーションスキルを磨きましょう。とはいえ、ひと口に磨きましょうと言われても、具体的にどうすれば良いのか分からないかと思います。

そこで、これだけはマスターして欲しいコミュニケーションスキルを身近な例を交えて紹介します。

 

コミュニケーションスキルの身近な例

コミュニケーションスキルとしてマスターして欲しいものとして、以下があります。

コミュニケーションスキル 内容
オウム返し 相手の語尾を使ってオウム返しをする。
例)

相手「このイベントにはよく参加していて、毎回楽しませてもらってます」

あなた「毎回楽しまれているんですね。私もこれから参加したいと思います」

否定的肯定 反論する際に、一旦受け入れてから反論する。
例)

相手「やっぱりランチはイタリアンに限るよね」

あなた「確かに、イタリアンは美味しいですよね。でも私は和食も好きですよ」

オープンクエスチョンで話を広げる 相手が答える範囲に制約を設けない質問をする。逆に、イエスかノーなど回答に成約がある質問のことをクローズドクエスチョンという。
例)

あなた「最近はどんな風に過ごされていたのですか?」

相手「自宅で映画を見ていることが多かったです」

話を掘り下げる 話を盛り上げるためには、話を掘り下げることが有効。
例)

相手「私は京都が大好きなんですよ」

あなた「京都がお好きなんですね。京都のどんなところが好きなんですか?」

相手「やっぱりお寺が好きかな」

あなた「お寺がお好きなんですか。いいですね。お寺の中で特に好きなところはどういうところですか?」

相手「仏像に魅力を感じるのよ」

あなた「へえー、仏像に魅力を感じられるのですか。仏像のどこが魅力なんですか?」

水平展開する 話を盛り上げるためには、話を水平展開することも有効。
例)

相手「私は京都が大好きなんですよ。いろいろ行ったけど特に清水寺が好きかな。」

あなた「清水寺がお好きなんですね。他にはどこに行かれましたか?」

ぜひ1つずつマスターしてください。

 

やってはいけない対人関係のNG例

やってはいけない対人関係のNG例

相談者のA子さん
相談者のA子さん
対人関係で避けた方が良いことはありますか?

はい、これだけはNGというのがありますよ。
田中コーチ
田中コーチ

これをすれば相手から嫌われる可能性が高いほか、周りの人からも敬遠されやすくなる事柄があります。やってはいけない対人関係のNG例として以下を紹介します。

  • 法則7.相手の要求をその場しのぎで誤魔化す
  • 法則8.テイカーになる
  • 法則9.言い訳と口答えが多い

 

法則7.相手の要求をその場しのぎで誤魔化す

人間関係における何らかの葛藤の中で、相手が真剣に求めてきたことがあれば、了承するしないに関わらず、少なくともしっかり向き合いましょう。

もしも向き合うことなく、その場しのぎで誤魔化したり、先送りしたり、玉虫色の返事で曖昧にしてしまうと、人間関係が崩壊する可能性が高まります。

心理学的にこのケースでの崩壊リスクの高さは言及されていますので、気を付けなければなりません。

 

法則8.テイカーになる

ギブアンドテイクという言葉があります。カンタンにいうと持ちつ持たれつということですが、人間関係を円滑にするにはギブアンドギブ(見返りを求めない)やギブアンドフォーゲット(ギブしたことすら忘れるレベルで見返りを求めない)などが、ギブアンドテイクよりもさらに望ましいといわれています。

一見損をするように思えるかも知れませんが、回りまわってギブした人に恩恵をもたらすからです。しかし、そのギブに甘えて人のお金や時間を搾取し続けるテイカーが現われることがあります。

テイカーと付き合うと損しかありませんので、避けた方が無難です。逆にあなたがテイカーになってしまうと、人から避けられやすくなるので注意しましょう。

 

法則9.言い訳と口答えが多い

何か指摘をされた時に、言い訳と口答えが多いと嫌われます。言い訳や口答えは自分の体面を守るための、自分軸の発想です。

指摘の内容を一旦受け止めてから反論するのなら良いのですが、とりあえず言い訳や口答えをするという人もいらっしゃいます。

このケースでは建設的な会話にならず、相手をイライラさせるだけですので、心当たりがある人はご自身を見直した方が良いでしょう。

 

こじれた対人関係を修復する心理学

こじれた対人関係を修復する心理学

相談者のA子さん
相談者のA子さん
こじれた人間関係はどうすればいいですか?

いろいろな考え方がありますよ。
田中コーチ
田中コーチ

心ならずも人間関係がこじれてしまった場合には、どう対処すれば良いのでしょうか?その場合の考え方として以下を紹介します。

  • 法則10.時間が解決する場合もある
  • 法則11.無理にフォローしようとしない
  • 法則12.合わない人と付き合わない

 

法則10.時間が解決する場合もある

人間関係がこじれた場合に、時間が解決してくれることがあります。もしも相手を怒らせた場合には、時間の経過とともに怒りが冷めやすくなります。

また、時間の経過は良い印象だけが残りやすいという性質もあるため、マイナスイメージを払拭できる効果もあります。

 

法則11.無理にフォローしようとしない

無理にフォローしようとしないことも1つの手法です。人間関係のフォローをしようと働きかけると、相手を追いかける構図ができあがることになります。

しかし、人は追いかけると逃げる心理が働くため、相手に関係性の主導権を持っていかれます。そのため、無理にフォローしようとせず、差し障りのない対応で良いでしょう。

 

法則12.合わない人と付き合わない

究極の話としては、合わない人とは付き合わないことをおすすめします。無理に修復する必要はありません。人間には相性がありますので、どうしても合わない人はいらっしゃいます。

人生の時間は有限なので、合わない人と付き合っているのは時間の無駄です。どうしても付き合わざるを得ない場合を除き、可能であれば関係自体を見直しましょう。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、人間関係が向上する心理学をご覧ください。

 

まとめ

対人関係に悩んでいる場合、今回紹介した12の法則を念頭に対処してください。もちろん、ケースバイケースで選ぶ法則や対処法、応用方法は異なりますが、これら叩き台があることで思考や行動の指針となります。対人関係に問題を感じたら、ぜひ何度も読み返して、できることの実践をおすすめします。

スポンサーリンク

対人関係の心理学
フォローして定期的に心理学を学ぼう!