心理学で会話上手になろう!人間関係がよくなるテクニックとは?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

会話が上手にならないとお悩みではありませんか?会話上手になるためにはカンタンなコツがあります。この記事では会話上手になるための心理学的なテクニックを紹介します。ぜひ参考にしていただき、今日から実践してみましょう。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

心理学で会話上手になろう

心理学で会話上手になろう

相談者のA子さん
相談者のA子さん
会話上手になるコツを知りたいです。
誰でも会話上手になれますよ。その方法をお伝えします。
田中コーチ
田中コーチ

自分は会話が下手だと悩んでいる人は多いものです。しかし、会話には一種のコツのようなものがあり、知っていれば誰でも会話下手を克服することができます。心理学的な会話のテクニックとして以下内容を解説します。

  • 初対面で役立つ会話テクニック
  • 好感度を上げる心理学的会話術
  • 恋愛に役立つ心理学のテクニック

初対面で役立つ会話テクニック

初対面の会話は特に緊張するのではないでしょうか?心理学的に初対面の印象は持続しやすいため、最初が肝心だといえるでしょう。

実は初対面での会話テクニックは準備にあります。1つは相手のことを調べておくこと。もう1つは質問リストを作っておくことが大切です。

相手のことを調べておく

会うことが分かっている相手に限りますが、どのような相手なのかあらかじめ調べておきましょう。というのも、相手は初対面の人に、自分のことが知られていると嬉しいものです。

「お噂はよく聞いております」とか「ご活躍は存じ上げています」と伝えると好印象になりやすいのです。

しかし、ここまででは単なる社交辞令ととられるかも知れません。そこに追加情報が加えられれば真実味が増します。

「お噂はよく聞いております。YouTubeチャンネルをお持ちですよね。」「ご活躍は存じ上げています。先日本を出版されてましたよね。」などと伝えれば、相手が「本当に自分のことを知ってくれている」と思うでしょう。たったこれだけでも会話のキャッチボールがしやすくなります。

質問リストを作っておく

会話をスムーズに成立させるには、適度な質問が欠かせません。相手に興味を持つことを心掛けながら、知りたいこと、気になることを質問してみましょう。

とはいえ初対面の人に対してスムーズに質問するのは難しいのではないでしょうか。そこで、初対面用の会話ネタや質問リストを作っておくと良いでしょう。

たとえば「どちらにお住まいなんですか?」「お休みの日は何をされているのですか?」「今日はどうしてこの会にいらっしゃったんですか?」など、誰にでも当てはまる質問を用意しておきましょう。

リストに書いた質問が上手に実践できるようになれば、相手からの受け答えを皮きりに、会話が弾みやすくなるでしょう。

好感度を上げる心理学的会話術

好感度を上げるためには、相手の承認欲求を満たすことが大切です。人は誰しも自分のことを認められたいという承認欲求があります。

これを満たしてあげることによってあなたの好感度が上がります。実は会話においてこのことはとても重要です。

そして、とてもカンタンでもあります。相手の承認欲求を満たすには、話し上手よりも聞き上手になることが重要だからです。

話し上手より聞き上手になろう

承認欲求は話すことで満たされますので、逆に言うと相手の話しを聞いてあげることによって相手の承認欲求が満たされます。

話し上手になろうとせず、聞き上手になることを心掛けましょう。聞き上手になるコツは、心を傾けて聴くことです。

このことを傾聴といいます。相手の話しに対して共感的に耳を傾けると自然に傾聴ができるため、会話ではぜひ意識してみてください。

傾聴ができれば、あいずちのタイミングが適切になりますし、質問も自然と出てくるでしょう。話しやすいと感じた相手が自分からどんどん話し出すため、会話が途切れる心配も減ります。

恋愛に役立つ心理学のテクニック

恋愛でも会話は重要です。恋愛においても傾聴が重要ですが、ほかにも恋愛で役立つ会話術があります。

それは相手にイエスと言わせるテクニックです。特に片思いの段階で役立ちますので、ぜひ覚えておきましょう。

イエスと言わせる心理学

たとえば相手をデートに誘う時は、選択的話法を使いましょう。「今度デートしない?」ではなく「映画かカラオケどちらに行きたい?」と聞くのです。

前者はデートに行くかどうかの問いですが、後者はデートに行くことは既に前提となった問いです。結果的にデートに行ける確率が高くなります。

それから、細かいイエスを引き出したあと、本当に了解してもらいたいお願いをするのもおすすめです。

たとえば、「お手洗い行くからちょっと待っててね」「ちょっとだけカバン持っててくれる?」など、誰もがイエスと言いやすいことを連続してお願いし、そのあと「来週もイタリアンかフレンチのどちらか食べに行かない?」と伝えましょう。

そうすると、イエスと言ってもらいやすくなるでしょう。

会話上手になるために使える心理テクニック

会話上手になるために使える心理テクニック

相談者のA子さん
相談者のA子さん
会話上手になるための心理テクニックを教えて下さい。
たくさんあるうち、いくつかピックアップしますね。
田中コーチ
田中コーチ

会話上手になるために使える実践的な心理テクニックを紹介します。ぜひ以下内容をマスターしましょう。

  • さり気なく褒めて好感度アップ
  • オウム返しで親密度アップ
  • 否定的肯定でスマートに反論

さり気なく褒めて好感度アップ

人間は褒められると嬉しい生き物ですので、さり気なく相手を褒めましょう。大袈裟に褒めるとあざとくなりますから、さり気なさが大切です。

また、具体的に褒めることにも配慮しましょう。たとえば、「〇〇さんはいつもオシャレなネクタイをされてますが、奥さんが選んでおられるのですか?」など、サラッと褒めましょう。

オウム返しで親密度アップ

オウム返しもおすすめです。相手の発言内容をオウムのように真似をして返すのです。

相手「今朝は早起きしたから時間を得した気分だよ」

あなた「得した気分なのですね。何時に起きたのですか?」

という風に、オウム返しすることで相手の無意識に仲間だと印象付けることができます。

否定的肯定でスマートに反論

反論したい時には否定的肯定を使いましょう。いきなり反論してしまうと、相手の脳が不快となります。しかし、一旦受け入れたあとで反論すると、相手の脳は不快となりにくいのです。

相手「お金なんて有っても仕方ないよね。浪費したってどおってことないんだよ。」

あなた「確かに、そう考える人もいらっしゃいますよね。ただ、お金は大事だと思いますよ。」

このように、一旦肯定した上で、そのあと否定すると、相手を嫌な気分にさせずに反論が可能となります。

会話に役立つおすすめの心理学本

会話に役立つおすすめの心理学本

相談者のA子さん
相談者のA子さん
読んだ方が良い本はありますか?
はい、おすすめ書籍をいくつか紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

さらに会話スキルをアップさせたいのであれば、会話に関連する書籍を読みましょう。ここでは数ある書籍の中からおすすめの心理学本を紹介します。

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

こちらの書籍は、心理学や脳科学に裏付けされた内容がかかれており、科学的に人の心を動かす実践型の内容となっています。

「最強の質問」「悪口を言わない方が良い科学的根拠」「誰からも好かれる」「誰にでも神対応できる」など、さまざまな手法が紹介されています。

会話上手になりたい人にっとって役立つ書籍で、「なぜ、あの人は私の言うことを聞いてくれないのか」というお悩みが解決します。

楽しく学んで実践できる対人コミュニケーションの心理学

「楽しく学んで実践できる対人コミュニケーションの心理学」は、対人コミュニケーションの力を楽しみながら身に付けられる書籍です。

自分の内面を知った上で、お互いを知り合い、そして聞き上手になるなどの手法が書かれています。

その上、話し上手になる方法やノンバーバルコミュニケーションの学び、他社との認知の違いなども紹介されており、上辺だけのテクニックとは一線を画します。ちゃんと実践することで、より良いコミュニケーションが取れるようになる1冊です。

「話し方」の心理学 必ず相手を聞く気にさせるテクニック

こちらの書籍は、全米で有名な書籍の文庫版です。半世紀以上読み継がれてきたビジネス&コミュニケーションの書籍で、その英知を手軽な金額で得られます。

聞く気のない相手の注意を引きつけたり、相手に質問させて会話に引きずり込むほか、頑迷な人の説得、飽きさせないスピーチなど、ビジネスで実践できる心理テクニックが数多く紹介されています。会話の機会が多い仕事をしている人は、ぜひ読んでみましょう。

 

会話上手になるためのひと言アドバイス

会話上手はトークそのものが上手とは限りません。
田中コーチ
田中コーチ

会話上手はトークそのものが上手とは限りません。聞き上手であったり、事前に準備していることが会話上手な人です。その上で心理テクニックも実践すれば、多くの人と楽しい会話ができるでしょう。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、人間関係が向上する心理学をご覧ください。

まとめ

会話上手になるためには、相手の承認欲求を満たしたり、好感度を上げることが大切です。これらを意識することで会話が弾みやすくなります。ここで紹介した心理テクニックも含め、ぜひ実践してみましょう。

スポンサーリンク

会話上手の心理学
フォローして定期的に心理学を学ぼう!