心理学の悪用とは?読んで面白いマル秘テクニックと使われた実態!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

心理学の悪用と聞くとなんだか怖さを感じますよね?心理学は心の特性を学ぶ学問であるため、熟知していると人を思い通りに誘導できる場合があります。

スポンサーリンク

そこでこの記事では、悪用する人から防御するために、マル秘テクニックと、実際に悪用された事例を紹介します。ぜひ知っておいてくださいね!

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

心理学の悪用とは?ちょっぴり黒い心理学

悪用禁止!ちょっぴり黒い心理学

相談者のA子さん
相談者のA子さん
心理学を悪用する人が怖いです。
心理学がどうこうよりも、使う人の在り方ですね。
田中コーチ
田中コーチ

悪用と言ってしまうと、心理学のイメージが悪くなるかも知れませんが、このような表現はキャッチ―なものであり、心理学自体は地に足が付いた研究です。

心理学自体に善悪はなく、心理学の知識をどのように使うか、その目的が重要なのです。残念ながら詐欺師など、世の中には悪い目的にノウハウを使う人もいるため、こちらも心理学の知識をつけて相手の手の打ちを見破る必要があります。

また、心理学のテクニックを知っていると、詐欺とは言わないまでも、心理学を使ったセールスも撃退できますので、日常生活で損をするリスクも軽減できます。多くの心理テクニックの中から、頻繁に使われるテクニックを紹介します。

心理学的交渉術

心理学的に交渉が有利になる方法として、ソクラテス・ストラテジーやバンドワゴン効果、カリギュラ効果などがあります。

ソクラテス・ストラテジーとは、直接的に主張するのではなく、うまく会話に紛れ込ませて自分の意図通りに持って行くテクニックです。

たとえば、誰とランチに行く時、自分は安いお店に行きたいのに相手は高くても美味しいものを食べたいとします。

 

あなた「味にこだわってるんだよね?」

相手「うん。やっぱり味でお店を決めたいよね」

あなた「じゃぁ安さは完全に無視していいってこと?」

相手「もちろん値段が安いに越したことはないよ」

 

このように、相手に「安いお店に越したことはない」と言わせ、上手に自分の主張をするのです。

バンドワゴン効果とは、多くの人が支持するものごとは、自分も支持しやすくなる効果です。交渉の際には「皆さんこの商品にされてますよ」「今飛ぶように売れています」などと使いします。

カリギュラ効果とは、禁止されると逆にしたくなる効果です。この記事の見出しでも「悪用禁止」と書いていますが、それによってじっくりと内容を読んでいただくことを意図しています。

【関連記事】カリギュラ効果の意味とは?禁断の心理学

選択させるテクニック

選択させるテクニックとしては、ダブルバインドというテクニックがあります。あえて選択肢を作り、自分の意図を叶える方法です。

たとえばデートの誘いの時に「今度ランチ行かない?」と誘うのではなく、「今度ランチに行きたいんだけど、イタリアンか和食かどっちがいい?」と聞きます。

そうすると、ランチに行くことは前提となりますので、デートの約束を取り付けやすくなります。

セールスマンに、「この商品かこの商品か、どちらがいいですか?」と売り込まれた時は要注意です。まだ「買うかどうか決めてません」と断わりましょう。

値引きのテクニック

逆に、顧客の立場の場合は値引のテクニックを知っていると便利です。15万円で売っている製品を値引して欲しい時に、14万円で買いたいとしましょう。

その場合はあえて「13万円まで引いていただけませんか?」と低めに伝え、断わられてから「では14万円はいかがでしょうか?」と段階的に交渉しましょう。

最終的に狙っていた14万円に近ければ良しとする戦略です。ただし、15万円の商品に対し「10万円まで引いていただけませんか?」などと低く設定しすぎると、冷やかしだと思われて相手にされません。さじ加減は重要です。

悪用禁止!黒すぎる心理学

悪用禁止!黒すぎる心理学

相談者のA子さん
相談者のA子さん
人に誘導されたら、何だか嫌ですね。
防御策として心理学を勉強しておきましょう。
田中コーチ
田中コーチ

心理学のテクニックで人を誘導する際、相手に気付かれると悪い印象を与えるものがあります。相手に気付かれないようにさり気なく行うべきテクニックを紹介します。

悪用禁止の恋愛心理学テクニック 

接する機会が多いほど親密度が上がることを単純接触効果といいます。出会った相手と恋愛に進展させたいのであれば、会う機会や電話、LINE、その他SNSで接点を増やすと良いでしょう。

しかし、人は自分から徐々に離れて行く相手に対して追いかける習性がありますので、毎日やり取りしていたのを徐々に減らすと、相手の気を引くことができます。

【関連記事】恋愛心理学で片思いを両想いに成就させよう!

赤の他人を操る心理学

赤の他人をこちらの意図に従わせたい場合には、「ラポール」「ペーシング」「リーディング」の3点セットが重要です。

まずはラポールから意識しましょう。簡単にいうと信頼してもらうことがラポールです。ラポールを築くためにはペーシングが必要です。

相手との会話のペースや仕草などを合わせ、無意識に仲間だと刷り込みます。ラポールが形成されれば、相手があなたに対し、無意識的に仕草や言葉などを合わせて来ます。

それを目安としてリーディングを行いましょう。リーディングとは会話をリードして望ましい状態に導く方法です。

「はい」か「いいえ」では応えられない「オープン・クエスチョン」を活用しながら、リードしましょう。

友達を操る方法

アズ・イフフレームという効果的な方法があります。アズ・イフフレームとは「もし~ならば」を使う方法です。

たとえば、友達と飲みに行きたい時に「もし飲みに行くとすればどの店がいい?」などと使うと、飲みに行くことが前提となったコミュニケーションができ、誘導しやすくなります。

友人関係だけでなく、ビジネスでも「もしお申込みいただく場合は、こちらのお申込み用紙に~」などと使うことで、申し込みを連想させ、誘導しやすくなります。いろいろな利用シーンに応用しましょう。

心理学の悪用事例をご紹介

相談者のA子さん
相談者のA子さん
実際に行われた悪用事例を教えてください。
心理学とは言い切れませんが、有名な事例を紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

上記で紹介したテクニックはライトなものですが、世の中には恐ろしい手法で、人をコントロールしてきたケースが多々あります。その中の一部として、ヒトラーの演説、宗教での洗脳について紹介します。

ヒトラーの演説

ナチスドイツのヒトラーは、演説にさまざまなテクニックを駆使していました。まず、会場によって話し方を変えていました。小さな会場では歯切れよく、大規模な場合はスピーチ内容より盛り上げるように心がけていたそうです。

そして、人間が心身共に疲れやすい夕方に演説することで、聴衆が聞き入れやすくなるという効果も利用していました。

さらに、開始予定時刻に姿を見せず、じらして盛り上げたり、親衛隊が「ハイル・ヒトラー!」と同じ動作で叫ぶことにより、聴衆は雰囲気に飲まれていったのです。

宗教での洗脳

オウム真理教は、洗脳により信者を広めたと報道されました。洗脳は暴力的手法で思考を改造する方法です。

睡眠をとらせなかったり、暴行を加えたり、薬物の使用で苦痛を与え、そのあと一転して優しく接することで洗脳するのです。オウム真理教では、感覚遮断や飢餓、睡眠の剥奪、薬物、過酷な修行などで洗脳したのです。

悪用禁止の心理学本をご紹介

悪用禁止とうたった心理学の本は、たくさん出版されていますが、正直なところ娯楽的な書籍が多いです。

しかし、「悪用禁止! 悪魔の心理学大全」は大学の名誉教授が書いている本ですので、内容に信憑性があります。「悪用禁止! 悪魔の心理学大全」は、人の心理を操作するトリックの数々が詰まった一冊で、心理学初心者におすすめです。

【関連記事】プロおすすめの心理学本!ランキング形式で紹介

悪用禁止の心理学に関するひと言アドバイス

悪用されないためにも心理学のテクニックを学んでおきましょう。
田中コーチ
田中コーチ

心理学のテクニックを学んでおくと、生活のさまざまなシーンで人の誘導をかわすことができます。

心理学に詳しい人の誘導だけでなく、セールスの撃退も可能です。セールスはセールスマン本人が心理学に疎くても、営業ノウハウに心理学が含まれていれば、心理学的なアプローチをされてしまいます。心理学に詳しくなっておけば、カモにされなくて済むでしょう。

悪用禁止の心理学に関するQ&A

悪用禁止の心理学に関するQ&Aを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Q:心理学のテクニックは本当に効き目があるのですか?

A:魔法ではありませんので、必ず効くとは限りません。あくまでも確率を上げるという程度に考えましょう。影響を受けやすいかどうかは個人差もあります。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、実践的で面白い心理学の豆知識をご覧ください。

まとめ

心理学を学ぶと、自分の主張がとおりやすくなるメリットがありますが、人の思い通りにされないというメリットもあります。主体的に生きるために、ぜひ学んでおきましょう。

スポンサーリンク

心理学悪用
フォローして定期的に心理学を学ぼう!