仕事が嫌いな人の特徴とは?辛い状況を心理学で解決しよう

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

仕事の時間は人生の時間の中でも大きな割合を占めるため、仕事が嫌いだと幸せな気持ちでいれません。この記事では、「人間関係が悪い」など、仕事が嫌いな人の特徴や、「自分へのご褒美を設定する」など、仕事が嫌いな場合の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

仕事が嫌いな人の特徴とは?

仕事が嫌いな人の特徴

相談者のA子さん
相談者のA子さん
仕事が好きになれなくて悩んでいます。
まずは仕事が嫌いな人の特徴から知っておきましょう。
田中コーチ
田中コーチ

仕事が嫌いな人の特徴を紹介します。仕事が嫌いな人は人間関係で悩んでいたり、仕事自体がハードワークだったり、会社に対する不満から仕事嫌いになっているケースが多いです。それぞれ具体的に見てみましょう。

人間関係が悪い

人間関係で悩んでいる人はとても多いです。上司や同僚、顧客や仕入先など、仕事では多くの人に関わりますので、その中で葛藤があると、仕事に行きたくなくなります。

単純に性格が合わないというような人間関係の悩みから、セクハラやパワハラ、モラハラなどの重度のストレスまで、さまざまな人間関係の悩みがあります。

心理学の巨匠であるアドラーは、人間関係の悩みを重要視しており、古今東西人間関係の悩みは根深いテーマとなっています。

人間関係が悪い場合には、アドラー心理学を学んだり、NLP(神経言語プログラミング)でコミニケーション手法を学ぶと良いでしょう。

2chで愚痴投稿は悪循環

人間関係の悩みを2chなどで投稿し、憂さ晴らしをする人がいらっしゃいます。確かに一時的には気持ちがスッキリするかもしれませんが、繰り返していると悪循環となる可能性があります。

人間の脳はアウトプットすることで思考を強化しますので、人間関係の悩みがより確固たるものになり得ます。

飲酒や喫煙がその時だけストレス緩和になったとしても、体には悪いのと同じことです。どしても我慢できない場合の逃げ道に留めておきましょう。

相談者のA子さん
相談者のA子さん
愚痴は自分のために良くないんですね…

残業や休日出勤で苦しんでいる

残業や休日出勤で苦しんでいる場合には、心身共に疲れてしまいがちです。体と心の疲れが連動すると、前向きになれなかったり、クリエイティブな発想ができなくなります。

結局のところクオリティの高い仕事ができませんので、悪循環となって残業や休日出勤が増えるケースもあります。

悪循環を断ち切るためには、徹底的に効率化を図るか、仕事量をセーブしましょう。マンパワー不足などでどうしてもセーブできない場合には、転職を視野に入れた方がいいかもしれません。

業務内容にプレッシャーを感じる

重責な仕事や、新しい仕事などのプレッシャーで、仕事が嫌いになる人もいらっしゃいます。 適度なプレッシャーは緊張感を持った仕事という意味で必要ではありますが、過度にプレッシャーがかかるとストレスになってしまいます。

自分では背負いきれない責任の場合は、安請け合いしないことが大切ですし、どうしても避けられない場合には、自信を付けましょう。

自信の付け方としては、仕事と中での小さな成功体験を記録していくことがおすすめです。どんな些細な成功体験でも良いので、自分の実績を積み上げて行くと、貯まった時に経験値に変わります。

働くこと自体が嫌い

働くこと自体が嫌いというのは、そもそも論として仕事が嫌いということです。この場合には、無理に好きになるのは難しいでしょう。

ただし、働くこと自体が嫌いという人の中には3通りの人がいらっしゃいます。働くこと自体が嫌いだからサボる癖がある人、働くこと字体は嫌いだけど我慢して働く人、働くこと自体が嫌いだから働かなくても良いために今頑張る人です。

おすすめは今頑張って不労所得の仕組みを作り、経済的自由になることです。経済的を目指しているうちに、結局働くことが好きになってしまう人もいますけどね。

頑張っても評価してもらえない

頑張っても評価してもらえないと、仕事が嫌いになりやすいです。このケースでは仕事が嫌いというよりかは、会社が嫌いになると言った方が良いかもしれません。

相談者のA子さん
相談者のA子さん
給料の不満よりも、評価が低い方が嫌ですね。

 

給料よりも評価を気にする人もいらっしゃいます。ただし、評価は人がするものですから、必ずしも自分が思う評価と同レベルになるとは限りません。

理不尽な評価だと思って会社にクレームを入れたところ、会社の評価基準とは乖離していたということも多いです。会社のニーズを把握することが重要です。

肉体的にキツイ

ハードワークの場合には肉体的にキツイというケースもあります。肉体的にキツイ場合には、身体のメンテナンスが大切です。

睡眠をタップリ取ったり、健全な食生活を心掛けたり、整体やマッサージで身体をメンテナンスするなど、疲労回復に努めましょう。

うつ病で出勤が嫌すぎる

うつ病の場合には、無理をしてはいけません。頑張ってしまうと症状が悪化する可能性があります。医師や心理カウンセラーに相談し、無理のない範囲で仕事をしましょう。

仕事が嫌いな場合の対処法

仕事が嫌いな場合の対処法

仕事が嫌いな場合には、具体的な対処方法が有効です。ただし、人それぞれ合う合わないがあるかと思いますので、以下に紹介する内容から、あなたに合った方法を試してみてください。

対処法はいくつもありますよ。
田中コーチ
田中コーチ

経験値を上げるよう心がける

仕事が嫌いであれば、仕事をしている間ずっと苦痛かと思います。しかし仕事に対する捉え方が変われば、仕事の意味も変わってきます。

お金のためだけに仕事をしていると、いつまでも仕事が辛いかもしれませんが、経験値を上げるために仕事をしていると解釈すれば、一つ一つの業務を丁寧に行えます。

お金をもらって経験を得ていると考えてみましょう。

長期目標を持つ

長期目標を持っていれば仕事に対して張り合いが出ます。たとえば、仕事をする上で5年後の理想の自分を設定したり、人生の目標として10年後の自分を設定するなど、理想のビジョンを描きましょう。

そこから逆算して近い目標を設定すれば、長期目標を叶えるための道しるべとなります。

目標に向かって前向きに進んでいれば、仕事に対して張り合いが出るかも知れませんし、逆に今の仕事をいつまでもしていても意味がないと割り切れるかもしれません。

どちらにせよ、目標を持つということは重要なのです。

自分へのご褒美を設定する

自分へのご褒美を設定すると仕事の励みになるでしょう。週末の旅行や、欲しかった商品の購入、有給休暇の取得、仕事帰りのエステやマッサージなど、大きなものから些細なものまでどのようなものでも構いません。

あなたにとってテンションが上がるご褒美を設定しましょう。

また達成内容によってご褒美を変えるのも一つの方法です。月曜日を乗り切ったらカフェでゆっくりしてから帰る。

一週間を乗り切ったらイタリアンレストランのランチを楽しむ、営業目標を達成したら、海外旅行に行くなど、上手にご褒美を設定しましょう。

ご褒美設定はとても前向きになれる方法ですよ。
田中コーチ
田中コーチ

仕事をゲーム化する

仕事をゲームするのもおすすめです。嫌な仕事もゲーム性を持たせれば、少しなりとも楽しくなるんでしょう。以下にてゲーム性を持たせた実例を紹介します。

実例1)営業をサッカーチームに見立てたA社

通信サービスの営業会社で行われていたユニークな取り組みとして、営業を3チームに分け、成績優秀なJ1、平凡なJ2、芳しくないJ3に分類し、それぞれのチームごとに成績を競いました。

実際のJリーグのように、上位と下位が入れ替えとなるほか、レベルごとに成績を競うため、誰でもチーム内でトップを目指せる仕組みです。

厳しい営業の中にあって、楽しく業務をしているようです。

事例2)スゴロクのように訪問営業

訪問営業は気力も体力も使う仕事です。とてもシビアな仕事ではありますが、楽しみながら訪問販売をする回線取次業者B社がありました。

会社に設置した日本地図と業務を連動させ、見込み客を1件作ったら会社に連絡し、内勤担当者が営業担当の駒を隣の県に進めます。

1件受注できたら会社に連絡し、内勤担当者が3県先まで駒を進めるという具合に、外勤営業と内勤担当が連携して、日本一周を競っていたのです。

少しでも早く駒を進めるために、営業マンは足早にインタフォンを押していたようです。

相談者のA子さん
相談者のA子さん
こんな方法があるなんて、思いつきませんでした。

感情を入れずに淡々とこなす

嫌な仕事は感情を入れずに淡々とこなしましょう。仕事が嫌だというのはタスクに対して嫌だという感情が紐付いてるからです。

修行をするイメージで淡々とこなしていると、嫌だという気持ちが緩和されます。この方法はやる気がない時に少しずつやる気を引き出す方法でもありますので、試してみてください。

仕事以外に生きがいを見つける

仕事以外に生きがいを見つけるのも良いでしょう。生きがいがあれば仕事以外のフィールドに目を向けることができ、同時に仕事の励みにもなります。

趣味やボランティア、習い事、副業など、さまざまなものにチャレンジしてください。なかなか生きがいが見つからないという人は、行動を起こしていないことが多いです。

先入観を持たずにいろんなものを試してみましょう。

仕事があることに感謝する

仕事がなくて困っている人から見れば、たとえ嫌な仕事だとしても、働けるということはありがたいことです。

仕事があることを当たり前に思わず、日々感謝のクセを付けましょう。しかし感謝の気持ちはなかなか持続できません。

そこで出勤時に職場に向かって「ありがとうございます」と呟いてはいかがでしょうか?毎日繰り返していると、仕事のありがたみを実感できるはずです。

退勤時も感謝の言葉を呟いてから帰りましょう。

仕事の環境を変える

どうしても仕事は嫌いな場合は、いっそのこと環境を変えるのも一つの方法です。異動の希望を出したり、転職したり、独立するなど、嫌な仕事を手放しても良いでしょう。

仕事が嫌いな場合のひと言アドバイス

紹介した対処法を複数ためしてくださいね!
田中コーチ
田中コーチ

仕事の嫌いな理由は、人によってさまざまなものが存在します。しかし、上手に向き合えば対処できますので、ここで紹介した対処法を試してみましょう。

仕事嫌いに関するお悩み相談室

仕事嫌いに関するよくある質問と対処法を紹介します。参考にしてくださいね。

《ヤフー知恵袋より引用》

仕事が嫌いだから速く終わらせているのに、他の人の分まで仕事が降ってくる。

仕事って頑張ったら負けなんだね。
サボろっと。

Q:ほかの人の仕事が降って来る対策を教えてください

A:上手な断り方を日頃から用意しておきましょう。断わり方は業務内容やシチュエーションごとに異なりますので、あなたの会社や立場での断わり文句をいくつかストックしておきましょう。

Q:好きなことや趣味を仕事すると嫌いになる?

A:一概には言えません。好きなことや趣味だからこそ仕事に熱中できる人もいますし、せっかく好きだったことが嫌いになる人もいます。

Q:仕事が嫌いな人ほど仕事ができる?

A:仕事が好きな人ほど、仕事に熱中し、成果を上げることが多いです。成功者の共通点としても明らかにされています。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、仕事が辛い人向けの心理学をご覧ください。

《無料メールセミナーのご案内》仕事がツライ会社員・うまくいかない個人事業主必見!6日間の無料メールセミナー

まとめ

仕事が嫌いな理由は、精神的な面や肉体的な面のそれぞれがありますが、仕事は人生の中で多くの時間を費やしますから、早めの対処をおすすめします。

この記事で具体的な対処法を紹介しましたが、それぞれ合う合わないがあるかと思いますので、いくつも試してみて、効果的なものを継続してください。

スポンサーリンク

仕事が嫌いな場合の対処法
フォローして定期的に心理学を学ぼう!