恋愛心理学を使って女性を落とす方法とは?片思いの男性向けに執筆

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

あなたには落としたい女性がいますか?女性を落としたい場合、恋愛心理学を知っているとたいへん有利に働きます。この記事では女性を落とす恋愛心理学的テクニックを紹介します。ぜひ実践を繰り返してマスターしてください。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

 

女性を惚れさせるテクニック

女性を惚れさせるテクニック

女性を惚れさせる、心理学的テクニックを紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

女性を惚れさせるにはさまざまなテクニックがありますが、誰でもカンタンにできる方法として以下を紹介します。

  • パーソナルスペースに入る
  • 接点を増やす
  • ペースを合わせる

 

パーソナルスペースに入る

人間には人それぞれ心理的テリトリーがあります。その距離をパーソナルスペースと呼びます。個人差や男女差があると言われていますが、一般的には以下距離が目安となります。

公衆距離 3.5メートル以上 講演会などの場で、話す側と聞く側との間に必要な距離
社会距離 1.2メートル~3.5メートル 業務上で上司と接する際の距離
固体距離 45センチ~1.2メートル お互いが手を伸ばせば届く距離
密接距離 0センチ~45センチ 手を伸ばさなくとも触れられる距離

パーソナルスペースに入られると防御の心理が働いて不快となる反面、パーソナルスペース内に入られている状態は、相手との親密状態に既成事実ができあがることにもなります。

つまり、落としたい女性の密接距離に入り続けられれば、無意識的に「この男性は自分と親密なんだ」と刷り込むことができ、結果的に親密度が上がりやすくなります。

エレベーターにのることや、車移動をすること、カウンターのお店で食事をするなどの場合、自然にパーソナルスペースに入れるでしょう。

 

接点を増やす

接点を増やすことも大切です。心理学には単純接触効果というものがあり、接触回数が増えるほど親密度が上がりやすいとされています。

会う機会を増やすことや、LINEや電話の回数を増やすよう試みましょう。時間より回数が重要なので、たとえば10時間会うより2時間を5回にした方が好感を持たれやすいです。

 

ペースを合わせる

ペースを合わせることでも親密度が上がりやすいです。このことをペーシングと呼びます。会話のスピードや歩くスピード、トーンなどを合わせてみましょう。

また、LINEのやり取りの場合は、文章の長さや絵文字の雰囲気を合わせましょう。

 

女性を落とす口説き方

女性を落とす口説き方

いざ女性を落とす時の、口説き方を紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

親密度が上がったとしても、そのまま仲の良い関係で終わることもあります。仲の良い友達になってしまうと、恋愛のチャンスは減ると言われているため、一定のタイミングでアクションを起こすことが望ましいでしょう。

では、相手を口説くアクションはどのようにすれば良いのでしょうか?意識して欲しい事柄として以下内容を紹介します。

  • 花をプレゼントする
  • モノよりコトを意識する
  • 女性を落とす一言を意識する

 

花をプレゼントする

男性にとって花を意識する人は少ないですが、女性は花をもらうと嬉しいものです。なのに、花をプレゼントする男性は案外少ないため、ライバルとの差をつけることもできます。

正直、花のプレゼントは鉄板と言っても良いでしょう。さりげなく小さな花をプレゼントしたり、誕生日の時に年齢分のバラの花をプレゼントするなど、シチュエーションに合った花をプレゼントしてみよう。

 

モノよりコトを意識する

女性はモノをプレゼントしても喜びますが、それより喜ぶのがコトをプレゼントです。プレゼントを買うためのお店をたくさん探し歩いたり、下準備を入念にしていたり、プレゼントのために多くの工夫が施されているなど、労力や時間を提供すると女性はとても喜びます。

「自分のためにこんなに頑張ってくれたんだ」と思わせるように心掛けましょう。

 

女性を落とす一言を意識する

女性を落とす場合には言葉も重要です。相手に刺さる言葉をかけることで好感度と恋愛成就の確率を上げましょう。ではどのような一言を意識すれば良いのでしょうか?詳しく紹介します。

 

具体的に褒める

女性を褒める時には具体的に褒めましょう。「いつも素敵だね」と言うより、「誰にでも笑顔で接するところ、素敵だね」という風に、具体的に褒めた方が真実味が増します。相手からすると、お世辞ではなく本音で言っていると伝わりやすくなるからです。

また、「いつもオシャレだね」と褒めるより「今日のカーディガンおしゃれだね」と褒める方が心に刺さりやすいです。褒める時はピンポイントの褒め方を意識しましょう。

 

誰にでも当てはまる言葉をかける

誰にでも当てはまる表現を使うと、自分のことを理解してくれていると感じやすくなります。誰にでもあてはまる性格の内容を、自分にだけ当てはまると感じる効果をバーナム効果と呼びます。

たとえば、

「〇〇さんって、他の人とは違う長所が多いけど、なかなか理解してもらえないんじゃない?」

など、誰にでも当てはまる言葉を相手特有の言葉のように使うと良いでしょう。

「悩みがある」「しんどかった経験がある」「成長したい」「秘密がある」「人とは違うところがある」など、誰にでも当てはまる表現を相手にだけ当てはまるように使うと、よき理解者になれるはずです。

女性にとってよき理解者となれれば、落とせる確率はグーンと上がります。

 

見た目と反対のことを褒める

たとえば美人に対して「キレイだね」と言っても、美人はキレイと言われ馴れています。そこで、見た目と反対のことも含めて褒めるのがおすすめです。

「美人な上、家庭的な雰囲気も持ってるから安心できるよ」

などと、見た目と反対の言葉を一緒に投げかければ、彼女は「自分にはそんな要素もあるんだ」と感じます。ほかの人が言わない褒め方で、本人も気づいていない要素を気づかせましょう。

そうすることで、あなたは彼女にとって他人とは違うよき存在になりやすいのです。

 

女を落とすライン(LINE)テクニック

女を落とすライン(LINE)テクニック

女性を落とすLINEテクニックを伝授します。
田中コーチ
田中コーチ

LINEでやり取りをしている相手ならば、LINEのテクニックを知っておきましょう。もちろんLINE限定ではなく、SNSメッセンジャーやメールなどでも応用できます。

数あるテクニックの中からこれだけは押さえておきたいものを紹介します。

  • 文章の長さを合わせる
  • 表現方法を合わせる
  • 返信のタイミングを合わせる

 

文章の長さを合わせる

メッセージのやり取りでは文章の長さを合わせましょう。相手のメッセージに対してつい長い文章を返してしまいたくなるかも知れませんが、はっきり言ってご法度です。

同じくらいの文章の長さにすることで、先述のペーシングとなります。

 

表現方法を合わせる

文章だけでなく、表現方法も合わせると良いでしょう。たとえば文字だけ送ってくる相手なら文字だけ、絵文字を使ってくる相手なら絵文字を、スタンプを使ってくる相手ならスタンプをという具合に、返信メッセージの雰囲気を合わせましょう。

ただ、女性ならではの絵文字やスタンプ(ハートマークなど)に対し、同様に返信すると気持ち悪るいと思われかねません。

絵文字やスタンプの使いどころ、数を合わせて、使用する絵文字やスタンプは雰囲気を変えても良いでしょう。

 

返信のタイミングを合わせる

返信のタイミングを合わせるのもおすすめです。返信が早い相手にはあなたも早く、返信が半日後となる相手にはあなたも半日後、1日1回返信してくる相手にはあなたも1日後という具合に、ペースの調整を心掛けましょう。

 

落ちない女性を落とす方法

落ちない女性を落とす方法

落ちない女性の対応策を紹介します。
田中コーチ
田中コーチ


落ちない女性にはどう対処すれば良いのでしょうか?最初から脈ナシなら、それ以上アタックしても仕方ありません。ストーカー扱いされるリスクもあるため、注意が必要です。

しかし、関係が親密なのになかなか落ちない女性や、落ちそうで落ちない女性の場合は対応に苦慮しがちです。このような女性を落とす方法について以下内容を紹介します。

  • 返報性の原理を利用する
  • 少しずつ距離を置く
  • よき理解者になってあげる

 

返報性の原理を利用する

人には好意を返したくなる心理があります。このことを「返報性の原理」といいます。つまり、あなたが相手の女性に好意を伝えることで、相手もあなたに好意を持ちやすくなるのです。

もし落ちない女性にあなたの気持ちが伝わっていないなら、好意を伝えることで状況が変わる可能性がありますよ。

 

少しずつ距離を置く

少しずつ距離を置くのも1つの方法です。毎日電話やLINEしていたのなら、2日に1回、1週間に1回とペースダウンしてみましょう。

女性の側からすると、自分から離れていく相手を追いかけたくなる心理が働くかも知れません。追いかけてこなかった場合は最初からノーチャンスだと割り切りましょう。

 

よき理解者になってあげる

先ほども軽く触れましたが、相手の女性にとってよき理解者となってあげることで、振り向いてもらえる確率が高くなるはずです。

よき理解者となるためには、共感することが重要です。自分が話すより相手の話をたくさん聞いてあげましょう。

また、相談された時に解決策を提示するより、とにかく話を聞いて気持ちを分かってあげることが重要です。繰り返しているうちに、ほかの人に言えないような話もしてくれ、彼女にとってあなたが重要人物となるでしょう。

結果的に落とすチャンスも高まります。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、片思いの恋愛心理学をご覧ください。

 

まとめ

女性を落とすには心理学的なテクニックが数多く存在します。これらを知り、実践することで落とせる確率は高まるでしょう。この記事で紹介したテクニックは、恋愛だけでなくほかの人間関係にも応用できるので、ぜひマスターしてくださいね。

スポンサーリンク

女性を落とす恋愛心理学
フォローして定期的に心理学を学ぼう!