転職して天職を見つける心理学!新たな仕事先で張り切りビジネス

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

転職を検討している人は、できる限り次の仕事が天職であって欲しいですよね?この記事では転職して天職を見つける方法について、心理学的に解説いたします。やみくもに転職をすると、これまでと同じ結果になる可能性がありますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

こんにちは!日本パーソナルコーチング協会(@CoachingAssocia)の田中です。
田中コーチ
田中コーチ

転職して天職を見つける心理学!《準備編》

転職して天職を見つける心理学的方法

相談者のA子さん
相談者のA子さん
天職を見つける方法ってありますか?
はい、効果性の高い方法がありますよ。
田中コーチ
田中コーチ

転職はとても勇気が要りますよね?転職に失敗してしまうと、将来設計にハンデを負いかねませんし、また転職活動を強いられる可能性がでてきます。

できれば転職に成功し、自分の中で天職だと思える仕事に就きたいものでしょう。天職を見つける方法を心理学的に紹介します。まずは準備段階として以下内容に取り組みましょう。

  • 人生の終わりから考えてみる
  • 理想の人生を細分化する
  • 理想の状態を目指せる仕事を探す

人生の終わりから考えてみる

「人生の終わりから考えてみる」といわれて、何のことか分からないと感じられたかも知れません。仕事を含めた人生プランを行う時には、自分の終末から考えると答えが導かれやすいです。

自己啓発本のバイブル的存在である「7つの習慣」では、自分のお葬式における弔辞で、どんなことを言われたいかを基準に人生設計することをすすめています。

認知科学者・機能脳科学者である苫米地英人氏も、ゴールから逆算する手法を提唱していますので、「どんな人生になれば理想なのか」、終わりから描いてみましょう。遠回りに思えるかも知れませんがとても重要な事柄です。

理想の人生を細分化する

上記で作った理想の人生が描けたら、その内容から逆算して細分化します。仕事における理想の状態、家庭における理想の状態、人間関係における理想の状態、お金における理想の状態などという具合に人生の項目ごとに考えてみましょう。

理想の状態を目指せる仕事を探す

天職時の心がけとしては、理想の状態をベースとして転職先を探しましょう。求人情報から仕事先をピックアップした場合、理想の状態になるためにその仕事が役立つのかどうかを判断基準にすると良いでしょう。

直接役立たなくても、将来的な理想に向けて今必要な経験ができる仕事であるケースも考えられます。

たとえ良い条件の仕事であっても、理想の状態に無関係であれば、ほかの仕事を探した方が良いでしょう。いずれにせよ、常にこのキホン軸を大切にしましょう。

自分にとっての天職の特徴を考えよう《実践編》

自分にとっての天職の特徴を考えよう

相談者のA子さん
相談者のA子さん
天職を見つけるための具体的方法を教えてください。
はい、紹介しますね!
田中コーチ
田中コーチ

人生の理想を項目ごとに設定できれば、より具体的な仕事探しを行う段階となります。その際の方法として以下を紹介します。

  • 現状を考慮せず理想を追求する
  • 理想から逆算した目標を決める
  • 目標達成の具体的イメージを持つ
  • 占いやスピリチュアルに頼りすぎない

現状を考慮せず理想を追求する

理想の状態から逆算することをキホンにおいていても、具体的に仕事を探す際には、つい現状の自分を基準に仕事を選んでしまいがちです。

「給料が今より良いから」「今までの仕事より楽そうだから」「今までの経験が活かせそうだから」などの理由は、仕事探しでありがちな内容です。

しかし過去や現在の延長で仕事を探すと、今までの問題と同じことが起こり得ます。人はマインドが変わらなければ、同じことを繰り返しやすい生き物ですので、過去や現在ではなく、未来から逆算する思考がとても重要となります。

理想から逆算した目標を決める

逆算思考を具体的行動に落とし込むには、近接目標を立てることが大切です。理想の状態は抽象的であるため、イメージが沸きにくく、行動につながらないからです。

理想の状態から逆算した場合、1年後にどうなっていれば良いのか、目標を考えてみましょう。理想の状態を正しく設定できている場合、1年後の目標は今の自分よりもハイレベルとなっているはずです。

もしも今の自分の状態と同程度か、それより低い場合は、そもそも理想の状態自体が低いことが考えられます。この場合は理想の状態から見直し、より高い状態を設定しましょう。

目標達成の具体的イメージを持つ

近接目標が定まれば、目標を既に達成しているイメージを持ちましょう。常日頃、目標達成をしている自分として生きて行けば、脳が勘違いを起こし、目標達成へ自動的に導いてくれます。

得られる情報も、思考も、発信する内容も目標達成に向けて動き出しますので、イメージングはとても重要です。

占いやスピリチュアルに頼りすぎない

転職などの具体的行動に対して、占いやスピリチュアル、そのほか神や仏頼みをする人がいらっしゃいます。

もちろん、それ自体は否定しませんが、「人事を尽くして天命を待つ」考え方が大切です。自分自身が何も取り組まず、最初から神や運頼みにしていると、思考も行動もストップします。自分ができることをしてから人知外のことに頼ってはいかがでしょうか。

ちなみに占いやオカルトにはまる人は自己肯定感が低いと言われており、スピリチュアルにはまる人は知能が低いという研究結果(2015年ウォータールー大学)があります。個人的には否定も肯定もありませんが、人事を尽くすことが先だと思いますよ。

転職をする際の心理学的注意点

転職をする際の心理学的注意点

相談者のA子さん
相談者のA子さん
どんなことに気を付けるべきですか?
転職する際の注意点を紹介します。
田中コーチ
田中コーチ

転職をする場合には気を付けなければならないことがあります。転職を成功に導くための注意点として、以下を把握しておきましょう。

  • 現状が嫌だからという理由はご法度
  • 今できることを基準にしない
  • 先入観を持たない

現状が嫌だからという理由はご法度

現状が嫌だからという理由での転職は後ろ向きな理由です。このような理由で転職をしてしまうと、また同じ結果となる可能性が高いです。

たとえば人間関係の悩みによって転職した人は、新たな転職先でも人間関係に悩みやすいです。

先述のとおり、人はマインドが変わらなければ、同じことを繰り返しやすい生き物ですので、マインドを変えることが先決です。マインドを変えるために、これまで紹介してきた方法を取り組んでみましょう。

今できることを基準にしない

転職する際には、今できることを基準に仕事探しをする人が多いです。今できることを基準にしてしまうと、これまでの自分の枠内でしか仕事探しができません。

反面、未来の理想から逆算した仕事探しの場合は、スキルアップが見込めます。本当はやってみたいけれど、今の自分スキルでは厳しいと諦めてしまうと、可能性がストップしてしまいます。

たとえば、その仕事に応募するために資格が必要であれば、そこで諦めるのではなく、資格試験にチャレンジした方がスキルアップにつながります。

今の自分にノウハウがなければ、諦めずにノウハウを身に付けた方がプラスでしょう。今できることを基準にするというのは、自分で限界を決めてしまうことでもあります。

先入観を持たない

「この業界はハードワークだ」「この職種は残業が多い」など、先入観を持つことはやめましょう。1社1社話しをしてみれば、それぞれ事情は異なります。

そのため、転職活動は先入観を持たずに行うことをおすすめします。転職先を探すだけでなく、知見を広げるための活動と捉えると、転職活動が成長の糧となるでしょう。

転職して天職を見つけたい人へのひと言アドバイス

天職を見つけたい人は、終わりから逆算して理想の人生を考えましょう!
田中コーチ
田中コーチ

転職は人生の戦略なしで行うと、失敗リスクが高まります。運良く良い会社に勤められたとしても、社会情勢の変化や会社の変化で環境が変わる可能性があります。

しかし、自分の原則を見出していれば、環境の変化に適用し、理想的な仕事ができるはずです。必ず終わりから逆算した自分の理想を設定しておきましょう。

転職して天職を見つけたい人のお悩み相談室

転職を検討している人や、天職を見つけたい人のお悩み相談室です。参考にしてください。

Q:転職サイトの効果的使い方はある?

A:先述の理想像から逆算した仕事をピックアップするだけでなく、その会社と関連する仕事(取引先など)もチェックし、情報収集しましょう。それらは理想像に必要な情報の筈です。

Q:引き抜きで呼ばれる際の判断基準は?

A:ヘッドハンティングされる場合には条件面に目が行きがちですが、この場合も未来の理想像に合うかどうかで判断しましょう。

【カテゴリー】同じカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、仕事で使えるビジネス心理学をご覧ください。

まとめ

転職によって天職を見つけるには、終わりから逆算して理想の人生を描くことが第一歩です。そこから具体化した目標を設定すれば、理想に向かった行動が可能となります。遠回りに思えるかも知れませんが、この方法が最も近道ですので、ぜひ実践してください。

スポンサーリンク

転職で天職を見つける
フォローして定期的に心理学を学ぼう!